僕なりの幸せの感じ方を紹介する

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●    世界にたった1つ、あなただけのドメインを登録しよう!       https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TIV66+16VZM+50+2HF3CJ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●   

f:id:pangaeaism:20170531165858p:plain

 

 

 

      幸せって思ったよりよりも簡単に感じれる

 

最近、僕が思うことは幸せは思ったよりも簡単に感じれると言うとことだ。

 

 

口では「今は幸せだ」と簡単に言うことができるけどあまり実感が湧かないことがあった。確かに、生きていること自体幸せだけど、身に染みて感じることは簡単にできるだろうか。できる人もいるかもしれないが、僕にとっては少し無理やり的なものに感じてしまう。

 

 

人によって幸せの感じ方は違い、幸せの種類も違ってくる。そのため一概に幸せの感じたをピンポイントで伝えることは難しいが、僕は喜びの数を自発的に増やすことで幸せは簡単に掴むことができると思う。

 

 

 

   僕になりの幸せの感じ方

 

僕なりの幸せの感じ方は今まで非日常だったことをしてみることだ。

 

これが、一番簡単でシンプルなものだと思う。どんなことだっていい。非日常だったことを日常に取り入れてみることだ。

 

  • 外食を1週間に1回にする
  • お世話になっている人にプレゼントをしてみる
  • 貧しい国に行ってみる
  • お酒を週末だけにする     

 

など、自発的に非日常を作ってみることだ。

 

 

僕は、フィリピン留学へ行ったことがきっかけで改めて自分は幸せ者だと思えた。

 

フィリピンの飲食店はテーブルの上が本当に汚くて、全く食べ物を食べる気になれなかったし、シャワーを浴びようと思ったけど水しか出ないところもあった。しかし、日本に帰国し、日本のホテルに宿泊した時には食事テーブルが綺麗だし、湯銭に浸かることもできる。この時、言葉で言い表すことのできないほどの幸福感や満足感を感じることができた

 

 

これは、今まで当たり前だったことを一度フィリピンへ行き非日常にしたことで生まれた幸せだ。

 

 

 

 

 

 

僕は、日本に生まれたから幸せを感じることができる回数が多いなんて、これっぽっちも思っていない。世界一幸せの国と言われているブータンは日本ほど経済発展をしていない。しかし彼らは、どの国よりも幸せの掴み方をより知っていのだ。